スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年の目標

年の瀬も近づき、みなさん、ブログに来年の目標をあげておられますね。

私も目標(というか、信念)を決めました。

それは、
読みたい本には金を惜しむな
です。

どうも、年を取ったせいか、また子供も2人に増えて現実的になりつつあるのか、自分のしたいこと、読みたい本、見たい映画、聞きたい音楽に対する欲求が減ってきてしまっています。。

さらにセコい性格のせいか、

読みたい本があっても、
図書館に予約⇒しかし数か月後予約待ちがまわってたら、本を読む熱意がなくなってる

見たい映画があっても、
DVDになってレンタルできるのを待つ⇒いざ、DVDになったらツタヤに行くのが面倒になってる

あ、これいいなという曲やアーティストがあってもライブ等も行けない、新譜をitunesで落とすのももったいない・・
新譜はツタヤにレンタルできるのを待つ⇒上と同様・・

てな感じです。

いや、上記はまだタイトル等覚えてて次の行為に結びつけられているからいいです。
読みたい観たい聞きたいと思ったこと自体を忘れてしまうようになってしまいましたよ。。最近。。。


以前は、こういう状況でも、熱意が維持できたのに、維持できなくなっているのは加齢のせいなんでしょうかね・・。
熱意も含め、物忘れがひどくなっているのか??

やはり、何事も、熱意というのが一番の原動力になると思うのですよね。

映画や音楽は見たい聞きたいときに見たり聞いたりに行くのはしばらく無理そうなので、動画音楽配信サービスなりを利用することとなりそうですが、本は手に入れられれば、空き時間でいつでも読めるのに本当にもったいない時間を過ごしてきたものだと思います。
やはり、読みたい時が一番本って楽しめると思いますし、吸収するのだと思いますしね。




そういや、2015年はアラフォーから、アラがぬけるのでした。。。私。

ギャー。


大体平均寿命80歳だとすると、人生の折り返し地点ってことですかね。
ほんと、そうですよ。数百円~数千円の書物のお金より、時間のほうが大事です。今後年を取るにつれ、すごく読みたいと思った本に人生で何冊出会えるのかという域に達していくのではなかろうか・・。

あ、もちろん、上記、漫画も含みますよ。私は漫画も大好きです。

世間でいう、壁ドンとやらにも最近ワードを知ったくらいで、ついていっていないんで、これを読んで2015年初ときめきしてやろうかしら・・。


藤村真理さんだったのか・・。
結構長い漫画家さんですよね。なんか昔よんだことある気がする。


せっかく電子書籍媒体も2つも持ってるので、うまく活用していきたいものだと思います。






今年一年もありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。


応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

最近の若者は・・というより、最近の老人は・・という時代なのだ・・悲しいことに・・

先日、ユニクロで買い物してて、レジに並んでおり、次私の番だ!!と思ったときに、70代くらいの老婆にぬかされました。

店員さんもみな気づいており、「え??」という表情で、顔を見合わせてしまいました。。

まあ、騒ぎ立ててもしょうがないので、次の順番を待ったのですが、正直イライラは収まらず。。。

同時にショッキングな出来事でもありました。
というのも、社会人になってから、順番ぬかしみたいな子供じみたことをされた経験がなかったので。

それが、私よりずっと年下の若者とかそういうのならまだ許せたのかも。。ずっと年上のお婆さんだったのが一番ショックだった。

こんなんじゃ、年寄り敬えとか言われるけど、敬えねーよ。大体私たちの世代が払ってる税金や厚生年金や健康保険料で生活成り立たせてるくせに・・。

と思いつつ会計済ませて店出ると、さらにショッキングな出来事が待ち受けていた・・。


いきなり、私の母よりも5歳くらい若い女性に「すみません・・」と、呼び止められたのだ。

へ??と振り向くと、
「母が・・・順番抜かしちゃったでしょう??」

と言われたのです。。

いや良いですよ、とその場を後にしたのですが、怒りの矛先がどこにも向けられなくなってしまった・・。

うーん、あんなにしっかりしたおじょうさんを育て上げたということは、お婆さんももともとは悪い人ではなく、本当にボケてるかなんかなのかもしれない。。

そう思ったけど、イライラは収まらないけど・・。


実際、高齢者の犯罪は増えているというデータもありますね。これが認知症と絡むのか不明ですけど。
急増中!?「キレる若者」ならぬ「キレる老人」

でも、単にボケてるから・・で片付けられても、それの被害を受けるほうとしてはたまったもんじゃないなとも思いますし、同時に悲しい時代だなとも思います・・。


だって、若者や子供には未来があるので、だめだよと教育はできますが、ジジババには教育できない、教育してもイミないですもん。

どうすりゃいいのよ??


最近の若者は・・というボヤきが古代エジプト時代からあったとかなんとか聞きますが、それは若者に対する期待があったからこその、改善を求めるという意味も含まれるボヤキですよね。

でも、老人を責めたところで、どうにもならない。成長もしないし、改善もおそらくされないでしょう。
ただただ、糠に釘。不毛な争いとなります。
そう、悲しいだけなんです。。。

昔ならまだよかった。老人の絶対数も少なかったでしょうし。
まあイラッとくるけど、しょうがない、どうせあの爺さん数年後に死ぬだろうし・・と片付けられた。

でも、今後こういうの増えていく一方だよね。。。
老人の割合が増えていくのでしょうし。被害をこうむる割合も高くなる。若い人にはたまったもんじゃないでしょうね。




ところで、産休に入ったので、平日昼間などに、ショッピングモールをふらつくこともあるのですが、ある日こんなアナウンスがありました。
「白い帽子と、青い上着をお召しになった・・・」

ほうほう、丁度夏休み時期だし、子供も多いよねー。迷子かな・・・??


「150センチくらいの」

迷子にしてはデカいかな??


70代の女性をお見かけになった方は・・」


・・・・迷子じゃないんだ・・、今の時代、迷い老人なんだ・・・


これもショックでした。。
団塊世代が皆70代後半になっているであろう10年後なんか、こういうアナウンス、方々で聞かれるんでしょうね。。そのころには、当たり前すぎて、アナウンスさえしてくれないかもしんないけど。。


応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村




赤ちゃん添い寝対策に布団をセミダブルに換えました。
安い布団ですが、わりとフワフワで分厚くていいです!!

私の使ってた布団を息子にゆずったのですが(息子のは、ジュニア布団だったせいか、かなり煎餅布団になってしまってた)こっちのほうがフワフワなので寄ってきて困ります・・。いくらセミダブルでも3人は寝れない・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。