スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、KOBOを持ってるくせに、kindle paperwhiteまで買ってしまったのか・・

前回、KOBOで洋書の多読はじめた話をしましたが、その時kindleまで買っちゃった話をしました。

したがって、うちには、KOBO


とkindle


があるわけです。


なぜに、koboを持って居ながらに、kindleまで買ってしまったのか。

kindleのほうが洋書が買いやすそうだなーと思ったのもありますが、一番大きな理由は、kindleオーナーライブラリーのためです。


キンドルオーナーライブラリー

これは、
1.kindleを持ってる
2.amazonプライム会員である

の2条件を突破したら、加入できるもので、決められた本(日本語は数千冊のようですが、洋書を含めると、40万タイトルあるそうです。)が月一度借りれるというものです。


正直、amazonプライムは、amazonファミリーからの流れで加入してましたが、オムツも必要ない今、いつでも解約は可能ですが、先日、こういうこと、でamazonの便利さを再認識し、今後何かが急に必要になるときに入っておいても、年間3900円の料金は損はなかろうと継続を考えております。


それで、kindleさえ買えば本が毎月1冊無料で手に入るってすごいじゃん!!と思い、kindle買いました。

まあ、すんげー売れてる本はライブラリには入ってないようですが、洋書の数はかなり多そうなのも多読にもぴったりでよさげだと思ったのも、購入の経緯となりました。


あと、(koboもやってるのかもしれませんが、楽天のページからは洋書バーゲンは特にわかりづらいのですが、)kindleってわりとバーゲンやってて、いきなり1円とかで買えたりするのも魅力的だなーと。


たとえば、こちら。
今は100円で売ってますが、0円バーゲンしてる時にぽちりました。



0円や数円の本を探すには、kindle洋書のランキングページがお勧めです。

プロジェクトグーテンブルグのような著作権が切れたものはいつでも無料ですが、普段見られないものがいきなり入ってたら、バーゲンでランキングに入ってるのかも!!期間限定の可能性もあるので、よさげだったらすぐにぽちるがいいと思います。






で、キンドルオーナーライブラリー。
まず、1冊目(ぎりぎり11月中にkindle届きました)に選んだのはこちら。


子供向けの絵本が8冊入ってるもの。なんて多読にぴったり!!と思いました。

内容も文章は簡単ですが、面白かったですよ!!



まあ、次回借りるのはたぶん、同じくオーナーライブラリーでタダで読めるコレにする予定なんですけどね・・。



そう。ちきりんの本もオーナーライブラリーに入ってますよ!!

って。。
日本語の本やん!!!


まあ、当初の目的から、たまに、はずれつつも・・、kindleもkoboも楽しんでいきたいです。

応援ぽちおねがいします。
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

【英語多読】All I want (Cambridge English Readers) 「英語の多読日記(228)」

風邪ひいている間にやーっと一冊読了できたので報告

All I Want Level 5 (Cambridge English Readers)です。
詳しくは、こちらのkindle版です・・。
うーむ、アマゾンではペーパーバック版だと、820円もするのね。。
こういった、Graded Readersは、円高の影響を受けないのかな?
kindle版では、6ドル80セント程度でした。大体500円くらいかなと思います。
ということで、今後もCambridge English Readersはkindleで読んでいこうっと・・。

kindleといっても、kindle for iphone を、ipod touchで使っているんですケドね。。
一番お金かからない方法ですね・・。
(家にも無線LANひいてますし、本のダウンロードは無料です)
うーん、まあ、このkindle for iphone。
画面が小さいせいか、ページめくりの頻度が多く、多くめくってる割に
最後まで行かないという点で、タドキストにとっては辛い気がする・・・
あと、目も疲れやすいかな。
本物のkindleにも興味はあります。今、円高ですし、買っちゃうかも
しれません。



で、読後の感想。

とりあえず、久々の多読。わーいうれしい。

私が持っているこの本の一つ古いバージョン(第二版)によると、この本は、YL5.5-6.0 17000語だそうです。

英語多読完全ブックガイド改訂第3版

うーん、でもその割にあまり難しくなかったような。
このCambridge English Readersの特徴なのかわかんないけど、一文が短くて、割と
読みやすい。すんなり頭に入ります。

話は、ラブストーリー&ちょっと冒険って感じかな。
まあ、最後は古巣に戻るというありきたりな話、という意味では、先日見た、
ファンタスティックスにも通じるものがあるけど、主人公の女の子が明るくて、
表情豊かっぽくて、読んでて楽しかったです。

次は、Nate the Great and the Snowy Trail読みはじめてます。Nate The Greatシリーズ好きです。
さきほど風呂の中で読んでたけどすらすらよめるわー好きだからね!
以前はあまり買えなかったけど、今はなんと一冊340円。せっかく円高なので、
好きなのをたくさん読みたいものだと思ってます。。


あと、ぽちぽち読んでるのがこれ。
Dancing In The Moonlight
これ、日本では結構お高いですけど、(面白いかも不明なんですけど)
kindle版では、なんと今だと無料!!もともと4.99$らしいですけど。
こちら
おそらく、軽いラブストーリーだと思うんですけど、こういうのなら気軽に読めそう
な気がしまして。。

kindleってこういうのもあるので、面白いですよね。
こういうのぽちぽち見つけて、ダウンロードしまくってます。

にほんブログ村 英語ブログ 英語リーディングへ
にほんブログ村


レビュープラス

Amazon送料無料ということなので

Amazon送料完全無料化ということなので、こちらをさっそく購入しました。
The Very Hungry Caterpillar board book

はらぺこあおむしの洋書(ボードブック)です。
この日記で以前紹介したように、洋書の絵本のほうが安いので、(円高により?)そっち
購入して、日本語訳をマジックで書いておこうかと・・。
はらぺこあおむしも現在(ブログ作成当時)100円程度洋書のほうが安いようですね。


はらぺこあおむしは実はハードカバーの日本語版は持っているのです。
でも、ハードカバーは、本文部分は普通の紙なので、
りんごの穴とかビリビリに息子が破いてしまいました・・。

日本語版のボードブック買いなおそうかなあと思ったのですが、
洋書だと英語の勉強にもなるし、100円程度お得なので、一石二鳥かな。。


英語多読って感じじゃないですね・・
ママのほうも多読がんばってますので、読み終わったら紹介します。
にほんブログ村 英語ブログ 英語リーディングへ
にほんブログ村



レビュープラス

洋書の絵本に日本語訳を書き込む・・ 「好きな絵本教えて下さい(8832)」

このブログを作るにあたって、英語リーディングというブログ村のカテゴリにも
参加させていただいています。

実は最近円高の影響やら電子書籍の影響やらもあり、英語の多読再開しました。
このあたりの経緯は後日お話しするとして、amazon.co.jpの洋書コーナーを
のぞいてたところ、
Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?
というボードブックが割と売れてる。
へー、絵はエリックカールとな。値段は610円(ブログ作成当時)
エリックカールといえば、はらぺこあおむしという絵本の作者で、この絵本が、
1歳の息子は大好き。

私は、英語の早期教育には全く興味がないのですが、
エリックカールの絵なら息子も喜ぶだろうなと日本語版をみてみたら、こちらは840円。。
円高の影響がここにも!!

そうか!英語版買って、日本語訳をマジックで書きこんで息子には読み聞かせれば
いいんだ!と早速購入しました

息子も大のお気に入りの様子。
よちよち歩きで持ち運んだり。ぺらぺらめくったりします。
読み聞かせもせがみます。
英語で読むときらきらぼしのメロディにぴったりあうそうです。
でも理解できなかったようで、英語では泣きだしましたけど。。
いつか英語でも読んであげられるよう、発音の腕を磨きます・・。


にほんブログ村 英語ブログ 英語リーディングへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。