スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東大脳は12歳までに育てる」を読んだ 「読書(3)」

ドン引きしそうな題名で、すみません・・。
東大に入れなきゃ!なんて、思ってはおりませんのであしからず。。

でもなんとなく、作者の人のブログにたまたまたどり着き、面白そうだなあと
思ったのでよみました。


【送料無料】東大脳は12歳までに育てる!

一番印象に残ったのは、わりと自発的にやらせるようにしてるんだなあと言うところ。
なんとなあく、お受験に熱心なママって、ずっと子供とつきっきりだと思ってたので。。

したがって、一番心に残ったのは、
「小学生くらいになったら、習い事は、目的意識をもってなぜ、やりたいのか、それを
習うことによるゴールはどこかをはっきりさせるべし。
(で、はっきりしないものはやめさせるべし)」
という点。

塾とかでも同様のようです。
参考にしようっと。
まあ、プールだけは、(本人は嫌がりそうだが)やらせたいのですけどね・・。



実際、私自身も、わりと教育に関しては低コストだったと思います・・。
小中はもちろん公立だし、高校は地元の公立トップ校でした。
塾もほとんど通ってません。
で、大学は一浪の末、旧帝大という感じで、偏差値だけはよい大学をでてます。

という意味で、うちの両親もわりと教育に関してはうまくいったんだと思うのですが、
習い事に関しては、上と全く同じ考えでした。
塾なんか、周りの子見てると、自分から行くというより、親に行かされるという
感じだったのに、うちの場合はどういう点が足りないから行きたいと嘆願書めいたものを
書いて、土下座に近い形でお願いしないと行かせてもらえなかったです。。



まあ学部選びに関してやら、就職やらで失敗してますので、これで人生オーライと
言うわけではないのですがね・・。


関西出身だったので、まあ公立優勢ではありましたが、中学受験をする人も
ちらほらはいました。
まあ、私は、かなりの早生まれで、小学校の低学年ころはホントにアホというか
落ちこぼれだったので、そういう発想さえなかったのですが、
「勉強大変そうだなあ」と遠目に見てた気がします。

が、高校卒業し、(浪人が決まり
予備校の東大京大クラスに奨学金もらって入ったのですが、
そこで、小学校のときあんなに頑張ってた人たちと同じお受験中高出身の人が
わんさかいるのに驚きました。
(関西の私学の雄のN高とかです。)
しかも成績もむちゃくちゃ良くもなく私とおなじくらい。

私は、小学校はおろか、中高でもクラブ活動やら文化祭活動やら張り切ってやってきて、
勉強第一という感じではなかったのに、そんなもんなんだ~と。



というわけで、塾や習い事もそうなんですけど、中学受験に関しても、子供の
意思無視してやっても???
と考えてます。
まあ、お金もないんですけどね~
でも、東京近辺って中学受験率高いんですよねえ??
それがちょっと不安だったりはしますが。。


まあ、あと10年近くあるし、ゆっくり考えようっと。。
それより、明日から仕事だー。。ユウウツですが、がんばらねば。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。