スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンナに家事をやらせるためのポイント

えー。実母と妹が泊まりに来てたのですが、今日帰りました。
さっと出かけたいときに、息子の面倒を見てくれるのは助かりますね。。割と楽な週末でした・・。

が、前は、家事のときに息子の面倒を見てくれるのも助かった記憶もあるのですが、うちの息子、だいぶ一人遊びが上手くなってきたようで、それはいつもと変わらんなという感じ。

ま、実際のところ、ちょっとホッとはしてます。。


実母も妹も大阪に住んでます。(実父も。)私は東京在住なんで、保育園に子供預けてると、毎日のようにジジババがお迎えに来るご家庭があったり、病気のときは預けておられたりと、かなりうらやましいとは思います。
その点考えると、東京に出てこないで大阪で伴侶見つけて、共働き続けりゃよかったとたまに後悔もします・・。

大阪って地価は東京の半分なんですけど、平均賃金も東京とそれほどかわんないんですよねー。。地方は地価も物価も安いけど、給料がかなり低いと聞くけど、大阪はそれほど低くない。。
ぶっちゃけすみやすさから考えると、大阪はわりといいと思います。
(某T系の企業にお勤めで愛知ってのもいいのでしょうけど)

が、実際、実母に日常で援助されるのはかなりめんどいだろーな。。という面もありますので、病児保育やベビーシッターの外注で金使ってでも良いので、気楽に3人暮らししたい・・。
ま、義母援助でもそうなんでしょうけど。


一番の理由は、家事のやり方がビミョーに異なること。。ていうか、長年日本で続いている、「嫁姑問題」ってかなりの部分がコレが原因できてるんじゃないの?と私は思ってます・・。
外の仕事なんて、あるていど、大まかな部分をボンとわたされるので、細かいところは各自のやり方でやれば良いんじゃないのと思いますし、あまり仕事をこなす面では人のやり方は気になりません。

でも、家事だといっしょに暮らしてると細かい部分まで気になりますよね。特に、家事の担い手が二人居ると。。まあぶっちゃけ、労働力が過多なんだろうとおもうんですけどね。。(ていうかヒマなんでしょうね)
キッチンまわりをボンと姑や母にまかせて、私は洗濯掃除担当とかならいいのかも。。いや、でも私は週一の洗濯でいいやと思うものを実母は毎日やりたいとかおもってたら、またそれでトラブルか・・


二人でいっしょに皿洗いなどやろうとすれば最悪です。お互いに細かいこと気になってしょうがない・・。特に専業暦ウン十年の実母にとってはいちいち気になるらしい。。

私も実母のやりかたが気になる点があります。それは、包丁を使ったあとに、洗い桶に突っ込み放置すること!!
本人はつけ置き洗いしたいんでしょうけど、突っ込むなよー。すぐ洗って干しとけよ!と思ってます。洗い桶に包丁の存在知らない、ほかの誰かが手っこんで皿洗いしたら包丁に指刺さるじゃんって怖いんです・・。



こういうのって、仕事にたとえると、たとえば、コピー&ペーストを、右クリックしてメニュー選ぶか、Ctrl+CとCtrl+Pでやるか・・ってくらい細かくてどうでもいいことなんだろうと思うんですけど。。成果物の差はほとんどおんなじですし。。。でもいちいち気になってしょうがない。。



あと、ウチの母だけなのかも知れないけど、主婦の方って、やたら、台所を聖域化する傾向があるな・・と。思います。男子厨房に入らずではないけど、子供さえも入れさせない。子供っていっても10代の立派な大きい子ですよ。入れさせないわけじゃないけど、ちょっと手順が違うくらいでいちいち文句言われるんで手伝う気さえなくなってくる。私も典型的なそういう子でした。





ということで、本題。ダンナに家事をやらせる方法でした。働く母にとっては死活問題ですね。
あくまでも私のダンナの性質がよいのかもしれませんが、うちは上手くやってます。

ポイントは、かなり大きい部分で振ります。で、細かいやり方は本人に任せる。上手くできたらほめてあげる。
以上。


ダンナは、下記をやってます。世間のお父さんにくらべてわりとやってるなあとは思います。ていうか、やらせすぎ??(私は何やってるねんといわれそう・・)
1.お風呂掃除(週1)
2.週末の子供との散歩
3.週末の子供の昼食(私がいないとき)
4.毎日の保育園への送り
5.毎晩の洗濯機のスイッチいれ(予約スイッチ入れるだけ)
6.平日の朝食の準備(ていってもパンやくのとスープか味噌汁あっためるくらい)
7.平日の息子の朝の身支度(私はその隙に洗濯干し等をします。)

あと、平日に私が作れず、息子と寝おちしそうなときは、次の日用の味噌汁作っといてとか頼んでます。週末も洗濯してとかも言ってるな。。(これは干すのもダンナ)

それから、ワーママとして、一番助かるのは、息子は私よりもダンナになついてること!なので割と低月齢のときから夜の寝かしつけをダンナにたのめました。。
今も二人ほったらかしで休日出勤でも1日ぜんぜん問題なしです。ていうか早く男二人で旅行でもいってくれればいいのにとも思ってます。。。
これは、新生児時代からの成果でもあるんですけど、夜などのミルクはダンナにやらせたり、意識的に土日は3時間くらいふらっと一人で外に出てたりしてたのもある。。(その際ダンナに面倒見させる)


これ、上手く行ってるのは、私が細かい部分に口出さないこと。

1.のお風呂掃除なんか、どうやってるかも知らん・・やたら、洗剤つかいまくるのは気になるけど、ほったらかしです。掃除ブラシも自分が使いやすいの買って来てます。やりかたわからんことは(たとえば味噌汁の作り方は知らんかった)私の手順を教えるけど、その後のやりかたは本人まかせです。まあ、どうしても気になる点はこうしたほうがウンたらと理由は述べますけど。

あと、息子が乳児のときも、おっぱい担当は私ですが、粉ミルク担当はダンナでした。したがって、ダンナは、粉ミルクの銘柄選んだり、哺乳瓶を選んだり、消毒液を選んだりも自分でやりまして、消毒や粉ミルクの作り方、適温の測り方も生まれる前から練習してました。。私自身は取り出せば、おっぱい出てくるので、粉ミルクなんか作るなんてめんどくさいことはやり気が起きず、哺乳瓶の消毒のしかたもよくわかりません・・。



ある日、知り合いの奥さんとしゃべってたら、旦那さんに洗濯をやってもらったら、「お湯で洗濯したのよ!信じられない!!もうやらせない!!」とぶちぎれてましたが、「え?お湯だとダメなの?」(まあわざわざお湯で洗濯はしませんけど)という自分の無知を思い知ると同時に、こんな調子だから、ダンナさんに家事やってもらえないといつもぶちぎれてるんだろうな・・とひそかに思いました。
お湯で洗濯しようがどうでもいいじゃんと思わないと、もしくはお湯がダメであるという論理的な理由を説明しないと、ダンナに家事は振れませんよ!!
(実際今、調べてみたところ、欧米や韓国の洗濯機にはお湯出しボタンもあるそうで・・必ずしもダメなわけではないんでしょう。。日本の洗濯機が対応してないだけで。)



てなことを、常々思ってましたが、この本にも同じようなことが書いててうれしくなりました。


アマゾンはこちら。こっちのほうがレビューが多いので、読もうとされてる方は参考になるとおもいます。



ライフバランスでは超有名人の小室さんと、東京都では、有名な病児保育のNPOフローレンスの代表、駒崎さんの著書です。フローレンス、うちの市はまだエリア外なんですよね。。(非常に良い病児保育はべつにありますけどそこはいつでも予約できるとは限らない。)

小室さんはよく見聞きしてたのですが、駒崎さんの考えはこの本で、はじめて触れました。。
すごく立派なかんがえをお持ちの方ですね。すごい!将来総理大臣になってくれないかしら。。

で、この駒崎さんは、家事も育児もわりとやってるそうで、毎晩18時には仕事を終えて帰宅するそうです。で、家事についても上に私が述べた、大きな単位で振るほうが男性はやりやすいってことを述べられておりました。
駒崎さんは、「食事後の食器の片付け」というミッションをボンと振られたそうです。で、最初はちまちま、一つずつ食器を片付けたそうですが、ある日「お盆を導入し一気に食器を運ぶ」ということに気づき、大きな仕事を片付けたような達成感があったのだとか。
やっぱり男性っていうか人間だれしもですが、自分自身の創意工夫によって仕事を達成するのが生理的にすきなんでしょうね。その工夫をする余地を与えないと家事含め、仕事って嫌になるんでしょう。きっと。


ということで、もうちょっと大きくなったら、ダンナだけでなく、子供に家事をやらせる方法にもこのやり方導入しようと思ってます。ま、私が部下に仕事振るときも基本こういうスタイルでやってます。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村



楽天ブックスさん。。昨日、届かないかもなんていってごめんなさい。
今日、早速届きました。(はええ。)
アマゾンでカーネーションのDVDボックスが買えなかったみなさん。まだ楽天ブックスにはあるみたいですよ。
【送料無料】カーネーション 完全版 DVD-BOX 1

【送料無料】カーネーション 完全版 DVD-BOX 1
価格:11,810円(税込、送料別)

スポンサーサイト

テーマ : **暮らしを楽しむ** - ジャンル : ライフ

コメント

No title

ささぱんださん、こんにちは。
一般的には旦那さんは家事をしないものなのかな? 嫁姑問題は記事に書かれている通りに細かいことを気にすること、育ってきた環境を違うのでそれを受け入れられないことが原因なんでしょうね。 私はまだ結婚していませんが家事は好きなのであまり苦にはならないと思います。^^

Re: No title

takeshiさん。はじめまして。ブログちょくちょく読ませていただいています。
> ささぱんださん、こんにちは。


> 一般的には旦那さんは家事をしないものなのかな? 嫁姑問題は記事に書かれている通りに細かいことを気にすること、育ってきた環境を違うのでそれを受け入れられないことが原因なんでしょうね。 私はまだ結婚していませんが家事は好きなのであまり苦にはならないと思います。^^

それは良いダンナさんになれそうですね!!それにしても、最近の若い男性って家事結構やりますよね。私の隣の席の男性も毎日自分で弁当作ってきてます。

まあ一般的に女性の方は旦那が家事やってくれないと愚痴を言いますね。でも男友達に聞くと、「奥さんが台所とか勝手にさわったら怒る・・」とも言ってましたし、典型的な九州男児で家事をやらないうちの父も単身赴任時(しかも海外だったので母が近寄るのは不可)嬉々として家事をしてました。。

たぶん、夫婦での話し合いをすれば意外とうまくいくんでしょうけどね。

うらやましい

あ~なんてうらやましいんでしょう。
うちのだんな、なにもしません。
もともとお義母さんが何でもやってたみたいで、できない部分もありましたが、私の教育が悪かったな。私もだんながやることを気になり口出ししたり、結局自分でやっちゃったり…。
息子もママっ子、パパじゃダメなので…。
昨日、朝のバタバタで私がいらいらし、爆発したばかりなので、なおさらうらやましい…

Re: うらやましい

こんにちは。働くママさん。コメントありがとうございます。

> あ~なんてうらやましいんでしょう。
> うちのだんな、なにもしません。

すみません・・。まあ、うちの収入バランスによるところもあるのかもしれません。。うちの場合、収入は夫婦同じか、やや私が上回ってるので、わりとダンナも自分が家事しなきゃ生活できないことは理解できてるのだと思います。

> もともとお義母さんが何でもやってたみたいで、できない部分もありましたが、私の教育が悪かったな。私もだんながやることを気になり口出ししたり、結局自分でやっちゃったり…。
> 息子もママっ子、パパじゃダメなので…。
> 昨日、朝のバタバタで私がいらいらし、爆発したばかりなので、なおさらうらやましい…

そうですか。。大変ですね。。がんばってください。
上記の本をダンナさまに読んでいただくもおすすめです。駒崎さんのブログも大変参考になりますよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。