スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性は仕事と家庭を両立できない

クーリエジャポンという雑誌のバックナンバーを読んでました。


すると、ショッキングな記事が。
なんと、
「女性は仕事と家庭を両立できない」
なるものです。

ははん、頭の固い男性がそんなこと言い出してるなんで、いまどき珍しい・・と思いつつ読んでみたら、びっくり、書いてたのは、アメリカの国務省高官のエリート中のエリートの女性が書いた論文。
しかも、彼女もれっきとしたワーキングマザーです。

バックナンバーなので、手に入らない場合が多いと思います。日本語は見つけられなかったけど、英語の論文はこちらにあるようです。
http://www.theatlantic.com/magazine/archive/2012/07/why-women-still-cant-have-it-all/309020/

もちろん、私が、読んだのは日本語ですが・・
でも、題名にあるように、Why Women Still Can’t Have It All
というのは、しっくりきます。
読んでて、ずっしり、きました・・。


日本語では、コチラのサイトにも詳しく乗ってます。
http://courrier.jp/blog/?p=12388


どちらかというと、両立できるような仕事で、育児と仕事を両立するのは、まだ簡単なんだとおもいますが、彼女のような出張や残業の多い政府高官のような仕事ではムリということです。


私自身は、政府高官なんて、めっそうもない・・というお仕事ではあるのですが、よくわかります。

私自身も正社員ではあるのですが、かなり周りの人に助けられてると思います。小さい子を持つママだからということで、泊まりの研修を免除されたりとか、残業や出張はなるべくしないで済む様に配慮してもらってます。
うちの業界とかは、プロジェクトに入ると、土日も深夜もない状況で働かざるを得なくなる。その立場からは、今は省いてもらってます。
キャリアという面でも、時間をかけられるだけかけられた、育児休業に入る前とは違った面での能力を伸ばす方向の仕事につかせてもらっています。
すごーく上手い形で仕事をふってもらってます。上司に感謝しなくてはならないかも。

が、かなり微妙なポジション。
会社の成長部門ではないし、今後無くなるかもしれません。
もし無くなったら、どうなるんだろう?
成長部門に入るのか?いやいや、そうすると、山のような長時間労働が待ち構えてるわけで・・。


そうなったら、私は仕事を続けるのか?と考えると、いや、辞めるかもしれませんとは、常々考えてます。
ジジババも遠方だしムリムリ。定時ダッシュでせいぜいだと思います。


いや、仕事上、ムリだと感じなくても、子育てにおいて、たとえば息子がグレでしまったりとか、小学校でついていけなくなってしまったりとか・・別の面で退職を考えるかもしれません。
今は、かわいく素直な息子ですが、保育園に半ば任せっぱなしの育児が今後どのような形で出るのかは不明です。


また上記の女性のダンナ様は大学教授だということで、奥さんが辞めても食ってはいける状況なんでしょうが、我が家は違います・・。ダンナの会社もそれほど業績が良いとは言えず、私より先に仕事を失うかもしれないし・・。

正直、キャリアという面でも悩みは多いのですが、我が家の場合はまず、お金のために二人で仕事してるという状況なのです。

なので、将来的に、ダンナか私が、いつやめても問題ないという体制をつくっていきたいとは思ってます。


先日、確定拠出年金に入った・・という話をしましたが、うちの老後への貯金ってどれくらいなんだかと、確かめてみました。

個人型401K =23,000円
個人年金 = 10,000円×2人
セゾン投信= 30,000円+10,000円(1万はさがったときのためにプールしてます)
楽天証券の投資信託=12,000円
アクサフェアウインド=9,000円
会社の共済年金=2,000円

合計 月104,000円

でした。。
うーん、このまま定年まで厚生年金夫婦二人で払い続けて、お互いに多少は退職金は出るという状況では、
多すぎやん。。

という気もしなくもないですが、正直どちらか、いつやめるかわからないくらいの気概でいたいなとは思ってます。

まあ、多少上記で取り崩せるものは、緊急の用事に使ったりもするでしょうしね。
すべて老後に使うとは限らないし。

運よく、2人とも元気に仕事が続けられて、我々の世代の年金制度が明らかになり、早期退職してもOKというくらいのお金がたまったら、早期退職したいなーとは思ってますが・・。
実現するのかしら・・。


まあ、応援ポチお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村





そうそう。6月号は1年分のバックナンバーがPDFでついてくるんでした!と急いで注文しておきました。
モノクロ。すごく辛口でいろいろなものを批評してくれてて、好きな雑誌なのですが、図書館においてなくって・・
でもすべての号買うのもちょっともったいないなとも思うので、
毎年6月号を買うことにしてます。




あ、楽天ブックスにも、現時点はまだありますよ。(去年はすぐに売り切れました)





うちの近所の図書館でも今朝から、予約が始まりましたが、昼ごろサイトをみると、なんとすでに180人まちでした。。一日たたずにそんなに埋まるなんて・・おいおい。。手元に届くのいつになるんやろう。

なんとなくレビューによると、私の好きな村上さんスタイルの、一人称「僕」で進行する物語、かつ息子のような鉄道オタクが主人公の物語のようですので、やっぱり借りるのではなく買おうと、ついでに注文しておきました。



以前から村上春樹のファンではあるんですけど、昔ってこんなにすごかったでしたっけ?
どちらかというと、モラトリアム的な、マイナーな志向のひとが読むものだと思ってましたが、そういう人が増えたということなのかな?
スポンサーサイト

テーマ : 働くママの育児日記 - ジャンル : 育児

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。