スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

返済額低減型か、期間短縮型か・・・それは永遠のテーマ。(後半あまちゃん感想)

住宅ローンの繰り上げ返済には、返済額低減型と、期間短縮型の二種類があります。

どちらを選択するか?というのは、永遠のテーマでして。。


私も以前は2ちゃんねる某掲示板の住宅ローンスレッドもよく覗いてました。今は自分なりに繰り上げ返済の方法は確立したので、ほとんどみてないですけど。

そこでも、どっちにするかで、非常によく、論争がおきてました・・。

まあ、なので、ぶっちゃけ、人によるんじゃないの?と思うので、他人を啓蒙したいわけではありません。


ただ、今回、くわっとさんからコメントいただきましたので、(コメント欄で意見を述べるのは長くなりそうなので)この機会になぜ我が家は支払額逓減法を続けているのか、自分なりの考えを述べたいと思います。

くわっとさん、ありがとうございます。



私はまず、そもそもローンは組むべきではないとは感じる派です。
できるだけ無借金でいたい。


で、ローンを組まざるをえないのでしたら、
長期間のローンを組めること自体をサラリーマンの権利だとも感じています。

組めない職種なんて、たくさんありますよね。
サッカー選手の奥さんが、10年ローンしか組めないので、かなり頭金を積んで家を買ったとか言ってた記憶もあります。

まあ、車とか(そもそも、私自身は、ローンを組むくらいなら、車かわないですけど)短期間で返済できるローンならいざしらず、ある程度の期間をかける必要(長期間かけないと返せない)があるのであれば、掛けられる期間はある種の権利だと考えられるのではないでしょうか。

また、たとえば、よく変動金利のローンを組んでると、「金利上昇に備えて云々」という表記がでてきます。
まあ、確かに金利上昇はこわいね。でも、8%とかもしくは20%とか、自分に耐えられない金利が、数十年も続くものなのでしょうか?

いやあ、ハイパーインフレとかになると違うのかな?でもハイパーインフレ時の住宅ローン金利の資料は見つからなかったのでなんですけど、下記リンクは日本の数十年の金利状況ですが、8.5%を付けたのはバブル期の一瞬だけですね。

http://www.sumai-fun.com/l-hikaku/010/post4.html

その想定も入れて、多少支払がきつくても10年ローンであったほうがよいのか、それとも、支払額に余裕をもって30年ローンを組むほうが良いのか。

そうなると、私は、支払額に余裕をもって、30年ローンを組みますね。支払額に余裕があるので、急な金利上昇で定期返済でそれほど元本が減らせなくなったとしても追加入金できて、ちょっとでも元本返済できますし、時間がたてば利率も変わってくるかもしれないので、楽になるかもしれない。

金利上昇で、怖いのは、利子ばかり返済してる状況になり、全然元本が減らなくなってしまうことですし。



また、一番の理由は、住宅ローン返済の最大のリスクに備えるためです。

ローン返済に対する最大のリスクとは、定期返済時に返せなくなることです。。


よく聞く話が、ローンの定期返済が3回遅れたら競売にかけられた・・とかありますよね。
いくらこれまで繰り上げ返済をがんばったとしても、たった3回返せなかっただけで家を失う可能性があります。

そういう意味でも、できる限り余裕をもった長い期間でローンを借り続け、時間を味方につけるのが最大のリスク防御の一つだと感じます。

支払額低減法と期間短縮法どちらを選ぶのか、という選択で私が支払額逓減法を選ぶことも、上の考えにのっとっています。



まあ、そういいつつ、一般的に期間短縮法を選んだほうが、元本の減りが早いとも聞きます。
なので、実は、当初期間短縮法でも返済してたんですよね・・。なので、実はうちのローン、固定のほうが、期間が少々短くはなっています。

しかし、下記の記事を見て、返済額低減法 一本でいくことを決めました。
あ、もちろん、かなり支払額が減ってきたら、一気に期間短縮しますがね。


返済額軽減型より期間短縮型の方がお得?


住宅ローンに関して、色々シミュレーションされてる「みかローン」さんのサイトです。
非常に勉強になります。


このリンクのシミュレーションで行くと、期間短縮型に関しては、1回のみ住宅ローンを返済するのであれば、元本の縮小に返済額低減法よりも効果があるが、毎月一定額を返済するという前提であれば、期間短縮法も支払額低減法も変わらない

らしいです。

でも、まあ、いろいろ条件は必要でしょうね。繰り上げ返済に手数料がかからないとか。


うちの住宅ローンは三井住友なんですけど、こちらの銀行の特徴は、毎月たしか、4回まで繰り上げ返済が可能で、手数料がかかりません。まず、その特典があったのもあります。
また、我が家の場合、当初の住宅ローンの定期支払額(95000円でした)と、現在の支払額の差額を毎月繰り上げ返済することは最低限、続けてます。
それに上乗せできれば、さらに返済してますが。


なので、上記の例にあてはまり、(それでも、もしかすると、若干期間短縮のほうがお得になるのかもしれませんが、)期間短縮法にくらべ、それほど損はしていないのかなと感じます。



あと、そもそも、住居費にかかる

95000円(上記の当初の住宅ローン支払額)+管理費+修繕積立金+固定資産税/12

という金額が問題でもありました。



給料の3分の1の家賃としなくてはならないという原則がありますが、お恥ずかしながら、これらの合計を3倍した金額が旦那の給料を超えてしまうというのが支払額低減法を選択しようとしたきっかけでもありました。

あ、修繕積立金とか中古マンションなので、わりと高くなっています。管理費も管理人さんが24時間駐在しているマンションなので、高めです。

現在は、住宅ローンの月々の返済額が7万以下にはなりましたので、残業頑張った月とかは3倍超えた額の給料をダンナもいただいたりはしてますが、まだまだ我が家にとっては厳しい負担だと感じます。

まあ、給料の4分の1以下の住居負担になったら、期間短縮もはじめようかなとも感じています。


※ちなみに、うちは、共働きなので、私の給料含めるとゆうに3倍は超えるのですが、正直、両実家遠方で、子供がいての共働きは、ある程度のリスクは負っているのは否めないと思いますので、あくまで旦那のみの給料でみています。



てな感じで、今後も支払額逓減法を続けていく予定です。
応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ
にほんブログ村





今日のあまちゃんは感動しました。
ある意味クライマックス??

BSとデジタルで朝に2回見て、家に帰ってからも録画を2回も見てしまいました。。あほ。。



今回、荒巻さん春子さん鈴鹿さんある意味和解にやっと至ったわけですが、


鈴鹿さんの苦悩も初めてのぞけました。薬師丸さん。さすが、うまい役者さんです。
鈴鹿さん自身もつらかったんだろうね。
鈴鹿さん自身の意思より、周りの大人たちによって操られていたんでしょうしね。

キョンキョンもよかった。今の春子の顔が、40代の春子じゃなくて、若い時代の春子の表情でした。
キョンキョンが演じてるのに。
今のように強くなく、無防備な10代のころの表情に見えました。

荒巻さんもよかった。「春ちゃん」というセリフ。昔の春子にきちんと謝れてよかったね。



あと、このドラマで、出てくる、若春子。昔の春子のことです。
この子ね。聖子ちゃんカットの。



数回現代シーンに(アキにしか見えてないようですが)出てきて、アキに幽霊?といわれてますが、この子を見るたび、ある意味幽霊ぽいなと思ってました。

いや、怨念というのか?

なんとなく、成仏できなかった魂がよみがえってきてたんじゃなかろうかという錯覚さえ覚えるほど、若い時代の春子は無念でした。


でも、今日の放送でやっと成仏できたんじゃないかな?と思った、さわやかな幕切れでした。

まあ、明日も急展開あるんでしょうけどね。

こちらのトラバで朝ドラもりあがってて、ついつい読んでしまいます。
にほんブログ村 トラコミュ NHK 連続テレビ小説(ドラマ)へ
NHK 連続テレビ小説(ドラマ)
スポンサーサイト

コメント

ほんと、これは永遠のテーマですよね。
結局、払い終わらないとどれが得だったかわからないですし、万一でも払えなくなること(=最悪競売になる)によるリスクを考えたら、ささぱんださんの選択肢が一番安全かと思います。最終的に全額返済すればいいんですし、当初の支払額との差額をちゃんとキープして繰り上げ返済していれば金利負担もほぼ同じですもん。
私も住宅ローンの繰り上げ返済時は良く考えて実行しようと思います。

Re: タイトルなし

ひつじママさんこんばんは。コメントありがとうございます。

> ほんと、これは永遠のテーマですよね。

そうですよね。一時の得をとるべきか、それとも、本当のリスクを見据えてとるべきかという感じなのかな?
むずかしいですよね。

> 結局、払い終わらないとどれが得だったかわからないですし、万一でも払えなくなること(=最悪競売に
>なる)によるリスクを考えたら、ささぱんださんの選択肢が一番安全かと思います。最終的に全額返済すれば>いいんですし、当初の支払額との差額をちゃんとキープして繰り上げ返済していれば金利負担もほぼ同じです>もん。
> 私も住宅ローンの繰り上げ返済時は良く考えて実行しようと思います。

ひつじママさんにそういっていただけると光栄です。その選択でうちは、つづけていこうと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。