スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ひらがなマシーン」を「カタカナマシーン」に改造

昨年度、1つ上のこどもちゃれんじをとってました。
(が、おもちゃが増えるのがいやで、退会し、今は子供の学年のZ会をやってます。)

3歳児クラスは「ほっぷ」というもので、この学年には、ひらがなマシーンというものがついてくるんですね。


で、うちの子、
1.ひらがなマシーンを与えて放置
2.保育園での周りの子の刺激

により、ひらがなはほとんど読めるようになりました。


親はまったく教えてません。


正直、私自身は、文字ってあんまり早く教えるのどうなの?と思ってたりしまして・・。
なので、保育園のお友達には書くのも上手な子もたくさんいるのですが、特に気にしておらず。

しかし、ダンナは、入学前に早く読めるようになっておいたほうがいいんじゃないかと思ってるようです。
まあ年少じゃなくとも年長くらいに。

なぜかというと、ダンナ自身が、小学校入学の1週間前くらいに、ひらがなを急に覚えることに
なったくらいで、それまで全く読み方も知らず育ったようなんですが、小学校の授業についていけず、
小学校の国語のテストで0点をとるくらいとなり、そのまま読書嫌いになったそうで。。。

まあ、高校の先生に読書の楽しさを教えてもらって、今は好きな本くらいは読んでるようですが、え?こういう言葉も知らないの?大人なのに?と思うことはある。。



で、ひらがなは読めるようになった息子なので、カタカナも読めるようにしたほうがいいんじゃないかとダンナが言い出し、カタカナのひらがなマシーンのようなおもちゃやらないの?と言い出した。

ダンナ的には、こういう積み木もよさげだと思ったらしい。



え?またおもちゃ買って部屋散らかすの?
と思い、考えた末、ひらがなマシーンをカスタマイズし、カタカナマシーンに改造することに・・。





で、もともとのひらがなマシーンがこちら。

「あ」など、文字を押すと、「あ」と言います。
ひらがなマシーン




濃いめの色のマスキングテープと、薄い色のテープを用意します。






で、濃いめのほうを先に貼る。
一枚目のテープ







その次に薄いテープを貼る。
テープ二枚目






油性ペンでカタカナを、もともとのひらがなの上に書き、カタカナマシーン完成!!
カタカナマシーン完成



まあ、ちょっと貧乏くさいけど、、、、これ使って、のんびり覚えてくれたらいいかなと思います。


これやると、ひらがなをわすれる危険もあるけど。。。そのときゃテープはがせばいいか。。


しかし、こどもちゃれんじも、気が利かないなあ。。。
ひらがな、カタカナ兼用できるものだしてくれりゃいいのにね。


まあ、すでに会員じゃないので、エラそうに言えないですけど。。長く続けてると、カタカナシートとか届くのかな??



てな感じで、子供の教育も、忙しいですが、いろいろ工夫していきたいと思っています。

応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。