スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ、KOBOを持ってるくせに、kindle paperwhiteまで買ってしまったのか・・

前回、KOBOで洋書の多読はじめた話をしましたが、その時kindleまで買っちゃった話をしました。

したがって、うちには、KOBO


とkindle


があるわけです。


なぜに、koboを持って居ながらに、kindleまで買ってしまったのか。

kindleのほうが洋書が買いやすそうだなーと思ったのもありますが、一番大きな理由は、kindleオーナーライブラリーのためです。


キンドルオーナーライブラリー

これは、
1.kindleを持ってる
2.amazonプライム会員である

の2条件を突破したら、加入できるもので、決められた本(日本語は数千冊のようですが、洋書を含めると、40万タイトルあるそうです。)が月一度借りれるというものです。


正直、amazonプライムは、amazonファミリーからの流れで加入してましたが、オムツも必要ない今、いつでも解約は可能ですが、先日、こういうこと、でamazonの便利さを再認識し、今後何かが急に必要になるときに入っておいても、年間3900円の料金は損はなかろうと継続を考えております。


それで、kindleさえ買えば本が毎月1冊無料で手に入るってすごいじゃん!!と思い、kindle買いました。

まあ、すんげー売れてる本はライブラリには入ってないようですが、洋書の数はかなり多そうなのも多読にもぴったりでよさげだと思ったのも、購入の経緯となりました。


あと、(koboもやってるのかもしれませんが、楽天のページからは洋書バーゲンは特にわかりづらいのですが、)kindleってわりとバーゲンやってて、いきなり1円とかで買えたりするのも魅力的だなーと。


たとえば、こちら。
今は100円で売ってますが、0円バーゲンしてる時にぽちりました。



0円や数円の本を探すには、kindle洋書のランキングページがお勧めです。

プロジェクトグーテンブルグのような著作権が切れたものはいつでも無料ですが、普段見られないものがいきなり入ってたら、バーゲンでランキングに入ってるのかも!!期間限定の可能性もあるので、よさげだったらすぐにぽちるがいいと思います。






で、キンドルオーナーライブラリー。
まず、1冊目(ぎりぎり11月中にkindle届きました)に選んだのはこちら。


子供向けの絵本が8冊入ってるもの。なんて多読にぴったり!!と思いました。

内容も文章は簡単ですが、面白かったですよ!!



まあ、次回借りるのはたぶん、同じくオーナーライブラリーでタダで読めるコレにする予定なんですけどね・・。



そう。ちきりんの本もオーナーライブラリーに入ってますよ!!

って。。
日本語の本やん!!!


まあ、当初の目的から、たまに、はずれつつも・・、kindleもkoboも楽しんでいきたいです。

応援ぽちおねがいします。
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。