スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民間学童・・デメリットをいろいろ調べてみました

先日、私の自治体の公立の学童の説明会に行った話をしましたが、民間学童についても気になってきたので、いろいろ調べてみました。

一番ショッキングだったのが、候補に入れてた民間学童のサービスがビミョーに異なる内容に変わってたこと。

近くまで送迎はしてくれるようなのですが、時間が固定に変わってしまったようです。まあそれでも19時発らしいので、家に着くのは公立学童よりは遅いのですが、この時間に送迎されるとしたら、残業時には使えないかもなあと思いました。
(それが目的だったので)

その学童は夕食も提供されますが、その時間になる場合は、親が迎えに行く必要があるそうで。。。
まあ、迎えに行くのは構わないのですが、結構遠いのですよね・・。小学校の校区にはないし、隣の駅が最寄です。
私が迎えに行くならまだしも、私の残業時にダンナに行ってもらう予定だったので。しかも、下の子を延長保育されてる保育園に迎えに行く必要もあるので、時間的制約がかなりあります。なので、送迎はしてほしいなと思ってました。

というわけで、その学童は、我が家の候補から外れることになりそうです。。。
習い事がついでにできる点がかなり魅力だっただけに残念・・。
まあ、預かってもらえるだけで良しという視点で、残業に対応できる学童をいろいろ探してみる予定です。




民間学童、うちの地区では2014年度に雨後の筍のように、バンバンできまして・・。
これまで候補としてなかっただけに、気になります。メリットも多大にありますが、いろいろデメリットもあるかもなーと思ってます。

こちらのサイト、かなり学童を厳しく斬ってるなーと思います。興味深く読めました。
23区に限られますが、公立学童についても掲載されています。
学童保育.com 2014

にこちらのページ。。民間学童はよい構造の業界ではない・・・とのこと。


なんとなーく、私もそれを感じてまして・・。
よい構造の業界ではない=つぶれる可能性があるということで、頼ってた時に閉鎖の可能性もあるということですよね。。
民間はそれがあるのが怖いです。

認証保育園の場合、民間で保育料も高いですが、自治体から補助金が出ています。したがって、ある程度のところではつぶれるということはないとは思いますが、補助金でてない民間学童はそれがもっと顕著に表れるのではないかと。
ぶっちゃけ、学童といえど、普通の習い事教室と同じです。

子ども子育て支援新制度にて、改革案がでているそうですが、この動きも怖いところです。
新しい子育て支援制度で「学童保育」はどう変わる?

つまり、公立の学童のサービスがよくなるので民間を選択しない人が増えるということだと思います。
そうなると、子供は集まらず、閉所・・という可能性だってある。


以前、結構大きな学童の閉鎖ということもあったようですね。
その時の様子がコチラに載っていて、うーん・・これは大変だなと思いました。。
(どうやら、最大手のキッ○ベー○キャ○プの一店舗のようですが・・。)

したがって、民間学童に頼るのであれば、最悪入所途中での閉所もリスクとして考慮しておかねばと思います。

たとえ、今人気でキャンセル待ちがでてる・・としても同じことだろうなと・・数年たつと状況もだいぶ変わってくることになりそうな気がします。いくら働くお母さんが増えてる・・とはいえ、少子化なのは間違いないですので、絶対的なパイは少ない中での、児童の取り合いという状況なのではないでしょうか。

したがって、一番重要なのは、やはり、公立学童を基本にして、対応できるよう、わが子をしっかり育てることなのでしょうかね・・。
周り見ててもちゃんと民間学童の利用がなくても、残業してもお母さんが帰ってくるまで留守番ができてるお子さんもいらっしゃいますし、最低限それをやったうえで、可能な限り民間学童等の安全策を追加で入れていく・・というのが一番なのかもしれません。


応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

No title

ささぱんださんのエントリーは、いつも比較・分析が鋭くて深くて勉強になります。
我が家は、長男の小学校入学にして、学童保育サービスを起点とした転居を考えてますが、転居先の区は、公立小学校を(親の就業状況にかかわりなく)子供たちの放課後の安全な居場所として開放していて、好感が持てます。
今のところ、特に長い夏休みには、メリハリあるプログラムが組まれ、食事サービスもついている民間学童に魅力を感じている我が家ですが、公設学童のいいところももう一度見直してみようかな、などと思いました!

Re: No title

ひさこさん。コメントありがとうございます。
> ささぱんださんのエントリーは、いつも比較・分析が鋭くて深くて勉強になります。

いえいえ。。私もひさこさんのブログ参考にしています。

> 我が家は、長男の小学校入学にして、学童保育サービスを起点とした転居を考えてますが、転居先の区は、公立小学校を(親の就業状況にかかわりなく)子供たちの放課後の安全な居場所として開放していて、好感が持てます。

そうなんですね。実際に利用されている方に話を聞いてみると良いかもしれませんね。
ほんと自治体によって幅があるようなので。

私自身、民間学童を検討してましたが、意外に利用しようと考えてる方が少なく、なくてもやっていけるもんなんだーと思いました。

> 今のところ、特に長い夏休みには、メリハリあるプログラムが組まれ、食事サービスもついている民間学童に魅力を感じている我が家ですが、公設学童のいいところももう一度見直してみようかな、などと思いました!

そうですね。。夏休み・・私も不安です。。
うちのダンナは、自分の実家(ど田舎)に行かせればいいのではと言ってますが、祖父母も高齢になりますし、叔父叔母夫婦も共働きなので、長期間は無理じゃないの?と思ってます・・・。
ここは多少金掛けてでも、なんかしら参加させたほうがよいのかな・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。