スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回の出産において予想外だったこと(二つ目)

今回の出産。予想外に○○だ・・ということがいくつかありました。
まあ、5年も間が空いたこともありますが、第一子の経験はあてにならないなーと思ったりしましたので、シリーズ化してご紹介します。まあ、すべての方にあてはまるとは思えないのですが、ご参考まで。


2つめ。これは、良い予想外のことです。

それは、私の産後の(特に帝王切開の傷の)回復がはやかったということです。

特に傷の回復。手術(夜でした)の翌々日には、尿管も取れ、その後4日目くらいには、普通に歩きまわれたので。

で、ズボンも3日目くらいからふつーに自分ではけるようになった。。
というわけで、下記記事で張り切って買った、入院用の長いパジャマもあまり使わず。。
(1日目は手術着だったし。。授乳とかしだすと、Tシャツのほうが楽・・着替えも気軽にできるし。。)
消費税増税前にすでに買った入院準備品

ほんとに、1つ目に述べた私の内科の疾患による退院延期と矛盾するようですが・・。

ぶっちゃけ、私自身は元気いっぱいだったのですよね。。で、この退院延期となった症状というのは、検査で数値で判断される症状なのです。それが、常識を超えていたということによります。したがって、自覚症状ゼロ・・。なので、退院延期が余計にショックだったのですよね。

この症状について、かなり色々な人が悩まされている疾患ではあるのですが、ネットで見てて、医者と薬品会社がもうかるためにでっち上げられてるのでは??という話まででてて、ああ、それはあり得るかもと思ったりしました。。。
たぶん、原因は帝王切開にあるんだと思うのですが、大手術から体を回復させるために、一時的にそのような数値になってしまっているんじゃないかという気がする。まあ出ない人もいるんでしょうが、私は出るタイプなのではないかと。

で、今回傷の回復が早かった理由ですが、とにかく体を動かしたことと、痛み止めを我慢しないことにあったと思います。

まず、体についてですが、回復が早くなると聞きまして、手術終わって麻酔が切れ始めてくる時点から動かしてました。あの血栓対策の、ポンプみたいな機械をつけられている時点でです。

おそらく下半身麻酔の方が多いと思いますが、私もそうでした。

で、足先から切れてくると思うのですが、感覚がついてきた部位から動かしてました。
足先をグーパーしたり。ひざが立てられるようになったら、ひざを曲げのばしたり。
腰が動かせるようになったら、左右にねじったり。

尿管がとれたらトイレに行けるようになるのですが、その時点では、点滴がつけられている棒?を杖代わりに一生懸命トイレに行くのですが、おっくうがらず水を飲んで(ていうか点滴でアホほど水分がとれてる)トイレに行くようにしてました。
杖なしで歩けるようになると、腰は傷を守ろうとなるべく曲げたくなるのですが、頑張って伸ばしました。
帝王切開なので、食事も持ってきてもらえて回収してくれるのですが、食器は頑張って台車まで返しに行きました。

痛み止めは座薬の後は1日2回の飲み薬の頓服をもらってたので、それを痛くなる前に12時間たったら服用してました。
痛み止めを我慢して動かなくなるより痛み止め飲んで動いてたのがよかったのではないかと思います。

入院中は傷に影響しそうなので、ズボンの上からですけど、自分でズボン履けるようになったら、これもつけたりしてました。ま、傷の確認しに、しょっちゅう助産師さんがくるので、いちいちとってもらうのも悪いし、腰がいたいとき限定でつけてましたが。




まあ、というわけで、現在産後1月ちょっとすぎたところですが、前回より体の回復は早いです。
運動を始めようかなーとも思ってるくらいです。。長男の保育園の送り迎えもいい運動になってますが。


応援ぽちお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村




今回のスーパーセールで買いました。ゴボウ茶は乳腺炎に効くと聞いたので。。
予防として、一週間に一回くらいはゴボウ茶にしようかなーと思ってます。
スーパーセール時には毎度1000円ぽっきりとなるので、買い回り対策にもいいですよね。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。